株式会社ライブレボリューションが運営しております業界マーケター向けモバイルマーケティングニュースです。スマートフォンやアドテクのネタも。

2014年10月21日

街でApple Payを試してみた

街でApple Payを試してみた

おサイフケータイに慣れている日本人からすると、ふーん、という感じですが、これが世界のどこでも使えるようになったら便利ですね。

Apple、2014年最終四半期の販売成績は3930万台のiPhone、1230万台のiPad、そして550万台のMac

Apple、2014年最終四半期の販売成績は3930万台のiPhone、1230万台のiPad、そして550万台のMac

まだまだ好調ですね。

以下のトレンドも把握しておきたいものです。

applerevenue.png

iPhoneは相変わらず好調ですが、iPadが案外伸び悩んでいるのが気になりました。

Apple Payを使い始める前に知っておくべきこと

Apple Payを使い始める前に知っておくべきこと

日米の支払いシステムがどんどん離れていくのか、収束していくのか。

最終的には後者でしょう。
さて、モバイルSuicaなどはどうなっていくのか。

Google、ディスプレイ ネットワークで「デバイスをまたいだ推定コンバージョン」の測定が可能に

ディスプレイ ネットワークで「デバイスをまたいだ推定コンバージョン」の測定が可能に

リスティングではデバイスをまたいだコンバージョンを含むデータを確認できるようになっていましたが、それが、ディスプレイ広告でも利用できるようになった、ということですね。

GDNの効果測定に大きくプラスに働きますね。

この辺り、地味ですが、大事です。
さすがはGoogleさん、です。

ユナイテッドのSSP『AdStir(アドステア)』、Appier社のDSP『Appier』と接続を開始

ユナイテッドのSSP『AdStir(アドステア)』、Appier社のDSP『Appier』と接続を開始

早いですね。

14年の動画広告、300億円市場に サイバーエージェント予測

14年の動画広告、300億円市場に サイバーエージェント予測

なるほど、300億とは、結構ありますね。

ブランディングとパフォーマンスの目的別の動向がどうなっているかも興味あります。

「激ムズ迷路100」は広告収益1,000万円超え。アプリ累計3,500万ダウンロードのGoodiaが語る4つのジャンル戦略。

「激ムズ迷路100」は広告収益1,000万円超え。アプリ累計3,500万ダウンロードのGoodiaが語る4つのジャンル戦略。

「直近3か月でつくったアプリが、今月の売上の8割を稼いでいる」という事実に驚愕しました。
凄まじい回転ぶりですね。

2014年10月17日

アドテク業界調査資料2014年


アドテク業界調査資料2014年

野田さんの記事。

まずはご一読ください。

Rubiconのマージンって18.1%もあるんですね。

毎度、楽しみにしています!

「1アプリの広告収入は平均40,000円」アドネットワーク「nend」が生データから語る激変のアプリ市場。

「1アプリの広告収入は平均40,000円」アドネットワーク「nend」が生データから語る激変のアプリ市場。

学びの多かった記事です。


まず「1アプリあたりの収益性」に関しては、一年前と比較しても実はほとんど変わっていなく、1アプリあたりの平均の広告収益額は約4万円です。(※報酬額で1000円以上のアプリが対象)

一方で大きく変化したのが「月100万円以上稼ぐヒットアプリの数」です、ここ一年で2倍くらいに増えました。

本来、ヒットアプリが増えたのなら、平均の収益額も増えるはずなのですが、そこが変わらないということは、「稼げるアプリと稼げないアプリの二極化」が進んでいるということです。

つまり月1,000万円も稼ぐアプリがある一方で、まったくヒットしないアプリもたくさん出てきてしまっています。

厳しいですが、でも、これが現実なんですね。


昨年あたりまでは1ユーザーの獲得に300-700円というレベルだったのですが、「1ユーザーの獲得に1,000円以上の広告費をかけても良い」という会社さんも珍しくなくなっていて、我々も驚いています。

理由としては「ユーザーの課金慣れ」が進んでいて、ユーザーの課金に対する感覚が変わってきているというところ。

これも覚えておきたいところ。
全般的にそういう傾向はありますよね。


ゲーム以外のジャンルで広告出稿が増えているのが、「ニュース・キュレーション」「フリマ・オークション系」「マンガアプリ」です。

いずれも今年に入って一気に広告出稿額が伸びていて、1年前はこの3ジャンルを足してもnend全体の5%程度しかなかったのですが、直近では13%まで伸びてきている状況です。

やっぱりこの3ジャンルですか、と思いつつ、まだまだ13%=伸びしろがある、という印象です。

「長く稼ぐアプリはゲームバランスが絶妙」nendが語る「稼げるゲームの条件」と2014年のヒットアプリ3つの傾向。

「長く稼ぐアプリはゲームバランスが絶妙」nendが語る「稼げるゲームの条件」と2014年のヒットアプリ3つの傾向。

これも参考になる記事。

ブーストノウハウとかも、たくさんの事例を見ているnendさんならでは、ですね。

ゲームに続く巨大市場となるか?直近のマンガアプリ市場の分析<マンガボックス・COMICO・LINEマンガ>

ゲームに続く巨大市場となるか?直近のマンガアプリ市場の分析<マンガボックス・COMICO・LINEマンガ>

なるほどなるほど、参考になります。

Apple、iPad Air 2を発表。18%薄く、40%速く、指紋認証が付いた

Apple、iPad Air 2を発表。18%薄く、40%速く、指紋認証が付いた

新しいiPad mini 3もTouch IDを塔載、旧モデルは値下げ

想定通り、でした。

iOS 8.1は火曜に公開―目玉はApple Pay、iCloud写真ライブラリー、カメラロールも復活

iOS 8.1は火曜に公開―目玉はApple Pay、iCloud写真ライブラリー、カメラロールも復活

ApplePayが日本でどれだけ使えるようになるか、が気になりますね。

2014年10月16日

2014年のスマートフォン広告の市場規模は?  〜2014年1-6月〜 ※D2C・cci独自推計

2014年のスマートフォン広告の市場規模は?  〜2014年1-6月〜 ※D2C・cci独自推計

20141016-1.jpg

2014年、3000億円!という予想です。
肌感覚としては想像より高いな、と思いつつ、そんなもんかも、と思ったりもします。

検索連動型広告 36%、アドネットワーク 32%、成果報酬型広告 19%の構成比については、リワードが成果報酬型広告に入っているならばこんなもんか、と思います。

20141016-2.jpg

D2Cさん、ありがとうございます。

他社さんからの調査結果も楽しみにしています。

今度上場する「ネットで話題のコンテンツを書籍化する事業」アルファポリスとは

今度上場する「ネットで話題のコンテンツを書籍化する事業」アルファポリスとは

なるほど、確かに、普通とは逆の発想ですね。

それでいて好業績。

ふと、人の行く裏に道あり花の山、という格言を思い出しました。

2014年10月15日

iPad版LINEアプリ登場!大画面でコミュニケーションを楽しもう!

iPad版LINEアプリ登場!大画面でコミュニケーションを楽しもう!

36b1e1f5.png

むしろ今までなかったのが不思議なくらいですね。

500万ダウンロード突破のスマートコミックサービス『comico』、韓国市場に進出

500万ダウンロード突破のスマートコミックサービス『comico』、韓国市場に進出

LINEさんに続き、コミックアプリの海外進出の話題、です。

ファンコミュニケーションズのターゲティング・アドプラットフォーム「nex8」、adingoのSSP「Fluct」とRTB接続を開始

ファンコミュニケーションズのターゲティング・アドプラットフォーム「nex8」、adingoのSSP「Fluct」とRTB接続を開始

着々と連結が進みますね。

楽天市場におけるマルチスクリーン最適化とオーディエンス データを用いたターゲティング戦略

楽天市場におけるマルチスクリーン最適化とオーディエンス データを用いたターゲティング戦略

以下の点、へぇ〜と思いました。

・さまざまなデータを分析したところ、楽天市場のモバイル ユーザーは新規率が高く、マルチスクリーン ユーザーは客単価の高い「優良顧客」に育つ、ということがわかりました。

・これまでは入札を弱めていた未購入ユーザーも、3 年先までの LTV をプロダクト単位で試算し、KPI を再設定

・段階的にこのテストを繰り返しながら、効果の高い組み合わせを精査し、最適なセグメントを設定していきました。その上で、流入媒体ごとにフリクエンシー キャップをかけて、リーセンシーの高いユーザーへの入札を強化するなど、戦略的に施策を展開しました。

その結果がこれです。

入札単価調整、マルチスクリーンに適した KPI の再定義、オーディエンス データを活用したターゲティング施策の結果、優良顧客の育成に成功。日々の AB テスト、PDCA サイクルの積み重ねの結果、新規顧客の獲得効果の高いモバイルへの索連動型広告投資を、適正な ROI 基準を満たしながらも 1 年間で約 4 倍に増やすことができました。また 3 か月間で訪問数を 4 割以上増やしながらも、CVR を 9% 改善するなど、質と量の双方で大きな成果が出ました。

さすがは楽天さん、やるべきことをやっているからこそ結果が出ていますね。

「ブレイブフロンティア(gumi)とLINEレンジャーが海外トップ2の日本アプリ」AppAnnieが語る世界のアプリ市場。D2CRアプリセミナー

「ブレイブフロンティア(gumi)とLINEレンジャーが海外トップ2の日本アプリ」AppAnnieが語る世界のアプリ市場。D2CRアプリセミナー

だいたいはわかっている話ですが、改めて整理する際に参照したいものです。

ユナイテッド、ファンコミュニケーションズのターゲティング・アドプラットフォーム「nex8」、adingoのSSP「Fluct」とRTB接続を開始

ファンコミュニケーションズのターゲティング・アドプラットフォーム「nex8」、adingoのSSP「Fluct」とRTB接続を開始

着々と、AdStirネットワークが広がっていますね。
あとは、国内でどこと連結していないのかがわからないくらいです。

番外編 Androidもリジェクトあるよ

番外編 Androidもリジェクトあるよ

Androidもリジェクトがあることを忘れてはいけませんね。

「LINE マンガ」のウェブブラウザ版が登場!PCの大画面で、より快適に閲覧&購入できるように

「LINE マンガ」のウェブブラウザ版が登場!PCの大画面で、より快適に閲覧&購入できるように

26e15e4a-s.png

LINEさんの書籍市場に対する注力度は凄まじいものがありますね。
スマートフォンユーザがどれだけPCも使いこなすかは不明ですが、マイナス点はなさそうです。

ジーニー、ソフトバンクグループのインターネット広告事業と提携 -ソフトバンクがSSP事業へ参加-

ジーニー、ソフトバンクグループのインターネット広告事業と提携 -ソフトバンクがSSP事業へ参加-

ソフトバンク社が、ジーニーに対し32.9%出資するとのこと。

以前に出資したInmobiとのシナジーは不明ですが、マーケティングの世界にもどんどん進出してきそうです。

2014年10月14日

「iPhone 6」勝負はソフトバンク強し、トップ譲らず3週目

「iPhone 6」勝負はソフトバンク強し、トップ譲らず3週目

久しぶりにITmediaの携帯販売ランキングを見たら、凄いことになっていましたw
10位まで全てiPhone、ですか。

キャリアで見ると、Softbank>au>ドコモが顕著に見えます。
容量も、64Gが人気ですね。

それにしても日本人はiPhoneが大好きです。
私もiPhoneユーザではありますが。。

Amazon、初の実店舗をマンハッタンで開店へ──米報道

Amazon、初の実店舗をマンハッタンで開店へ──米報道

Appleのようなクールさがあるかどうかはわかりませんが、一度訪れてみたい気がします。

Apple、特許資料でApple PayのNFC機構を詳しく説明

Apple、特許資料でApple PayのNFC機構を詳しく説明

ところで、モバイルSuicaなどには対応できるようにならないんですかね?
フェリカ対応しなければならないでしょうから、できないのか、できるとしても当分先なのかはわかりませんが、実質的に使えるようにならないと普及もしない気がします。特に日本では。

その辺りをどう考えてサービス展開していくのか、注目しています。

2014年10月10日

LINE登録ユーザー数、5.6億人突破 実際利用は1.7億人

LINE登録ユーザー数、5.6億人突破 実際利用は1.7億人

MAUベースで並べると、「ワッツアップ」が6億人、「微信(ウィーチャット)」が4億3800万人、そしてLINEは1.7億人、ということで、まだまだ世界の大手とは差がありますね。

LINEがCA、グリーとゲーム合弁会社2社を設立、脳トレアプリ「BrainWars」に出資

LINEがCA、グリーとゲーム合弁会社2社を設立、脳トレアプリ「BrainWars」に出資

LINEさんがゲーム分野でジョイントベンチャーを設立するのは初めてなんですね。

LINE、事業戦略発表イベント「LINE CONFERENCE」を開催。タクシーや地図、デリバリー、音楽、決済サービスなど新機能を続々発表

LINE、事業戦略発表イベント「LINE CONFERENCE」を開催。タクシーや地図、デリバリー、音楽、決済サービスなど新機能を続々発表

PayPalがあまり普及しなかった日本でLINE Payが普及するかどうかはわかりませんが、チャレンジングな取り組みですし、LINEならば、とも思えたりします。

LINEに決済機能「LINE Pay」今冬リリース、Uber対抗サービスも投入

LINE TAXIはUberとガチンコになりますが、日本交通と組んだのであれば、いけるかもしれません。

マーケティング的には、LINE ビジネスコネクト パートナープログラムで何ができるようになるかも気になります。

それにしても、LINEさんの矢継ぎ早なサービス展開には舌を巻きますね。

カウンタ

エントリー一覧表示


新着エントリー

月別

プロフィール


求人:新卒採用情報
PAGE TOP