株式会社ライブレボリューションが運営しております業界マーケター向けモバイルマーケティングニュースです。スマートフォンやアドテクのネタも。

2014年9月11日

国内の電子書籍市場はマンガが牽引、全巻まとめ買いが後押し要素に

国内の電子書籍市場はマンガが牽引、全巻まとめ買いが後押し要素に

yano01.png

気になったのは以下の点。

 国内の電子書籍市場は、2013年度は前年度比19.7%増の850億円だった。さらに、2014年度は1050億円、2017年度には1910億円まで拡大すると予測している。

これは良いとして、

2013年度の市場規模拡大の要因として、スマートフォンの普及のほか、2012年後半の外資系電子書籍ストアの日本市場への本格的な参入を挙げている。

ここがちょっと意外、です。
外資系電子書籍ストアの伸びとは、主としてAmazon?ということでしょうか。


 2013年度の電子書籍の分野別市場規模は、コミック分野で650億円、小説・文学・ビジネス書・実用書などの読み物分野で160億円、雑誌分野で40億円と、コミック分野が市場全体の8割を占めている。

コミック分野が8割。


 巻数が多いコミック分野において、過去の作品が電子化されることで、読者がまとめ買いするケースが多く、市場の伸びを牽引。過去作品の電子化が一巡することで、市場の伸びは鈍化する可能性がある一方で、小説・文学などの読み物分野では徐々に電子化が進んでおり、今後の伸びが期待されるとしている。

まとめ買いが市場の伸びを牽引しているんですね。
メモ、です。

Amazon、ビッグデータを活用したクリック課金型 キーワード広告「Amazon スポンサー プロダクト」9月下旬より提供

Amazon、ビッグデータを活用したクリック課金型 キーワード広告「Amazon スポンサー プロダクト」9月下旬より提供

AmazonのGoogle化ともいえる施策ですね。

なお、『本サービスは、大口出品サービスにご登録いただいている法人の販売事業者が対象』とされているので、そうでない企業には無縁ではあります。

Yahoo! JAPANのビッグデータをマーケティングに活用 Yahoo! DMP、いよいよ本格稼働

Yahoo! JAPANのビッグデータをマーケティングに活用 Yahoo! DMP、いよいよ本格稼働

Yahoo!さんのDMPを活用すると、どんなメリットがあるか?を想像すると、凄さがわかります。

石井:膨大で、かつ多様なデータを分析することで、行動予測ができます。単に属性が似ている人をセグメントするのではなく、まさに同じ行動を取るだろうと予測できるユーザー層を特定してアプローチできるのです。

江川:例えば旅行のツアーを予約しようという人は、まずこんなキーワードで検索し、次にこのサイトを見て、と行動が似通ってきます。それを人単位でというよりアクション単位で、次にある行動をしそうな人をセグメントします。ページ閲覧や検索、購買データなど複数の種類のデータが組み合わさることで、その精度が3倍、4倍にもなることが分かっています。

MZ:なるほど、「もうすぐ旅行しそう」な人を捉えられると。それは、企業がすでに持っているデータだけではできませんね。


2014年は、DMPがたくさん出てきました。しかし、まだまだ使いこなされているかというと、そうでもない印象です。

しかし2015年は、DMPを自在に使いこなして費用対効果を高めている企業が増えているのでしょうね。個人的には、確信に近い想定です。

「iOS 8」の正式リリースに向けてアプリデベロッパーが自分のアプリで対応するべき7つのこと

「iOS 8」の正式リリースに向けてアプリデベロッパーが自分のアプリで対応するべき7つのこと

ディベロッパー視点も大事。

「App Bundles」は見逃せませんね。
まとめ買いニーズがあるアプリには良いニュースです。

ところで、iPhone6 Plusは、片手で遊ぶのはかなり難しいです。
こういった画面のサイズ変更に対応するのは、なかなかしんどい作業ですね。
なんせ、これまでの4インチも維持しつつ、4.7、5.5も考慮しなければいけないわけですから。

ディベロッパーは、実に大変です。

Apple Payは画期的NFC支払システム―登録はカメラ、指紋認証、店にカード番号が渡らず

最も気になっていたNFC。

Apple Payは画期的NFC支払システム―登録はカメラ、指紋認証、店にカード番号が渡らず

さすがはApple、相当、周到な準備をしてきたことがわかります。

ようやくサポートされることになったわけですが、日本人としては、喜ぶのはまだ早いです。

おサイフケータイが使えるか?モバイルSuicaは使えるのか?という課題が残っています。

Apple Pay……おサイフケータイとの違いと日本導入の見込み

 iPhoneに搭載されているNFC規格は、インターフェイス上ではFeliCaの上位互換となるため、アプリさえ入れれば国内でもおサイフケータイとして利用できるのでは? という声が聞かれる。FeliCaの機能を実現するには、NFCだけでなくFeliCaの暗号通信処理の根幹をなすセキュアエレメントの実装が必要。現時点ではアナウンスされていないが、日本国内市場だけに向け、iPhoneにFeliCa用のセキュアエレメントを採用するとは考えにくい。

現時点では絶望的な気がしますね。

スターバックスなどでは端末を置き換えられそうですが、日本の電車の改札で改修するとなると莫大すぎて、想像できません。
また、Appleにあれこれと握られるのも良しとしない気がします。

結局、Suicaなどは、これまで同様に別々に使うしかなさそうです。残念。
もっとも、無視できないくらいになってきたら、国内でも普及していきそうですが。


なお、Appleがどうやって儲けるか?ということですが、店から取るのではなく、銀行から取る、という噂が流れています。

アップルの新決済システム、取引時に銀行から手数料徴収へ=報道

本当かどうかはわかりませんが、Appleさんならば。。。という印象です。

ともあれ、お店のコストがかからない(または劇的に低い)ようにすれば、普及に弾みが付く可能性はあります。

今回の発表で、Appleの野望が最も見えたのは、この点でした。


さてさて、日本株式会社、どうするのでしょう。

新iPhone、予約は9月12日から、出荷は9月19日午前8時〔日本時間〕、価格は6万7800円から

新iPhone、予約は9月12日から、出荷は9月19日午前8時〔日本時間〕、価格は6万7800円から

iphone6-lm-bb-201409.png


iPhone6、出ましたね。

iPhone6

シルバー、ゴールド、スペースグレイの3色で、16GB、64GB、128GBなどのスペックが選べますが、最も大きな変化はサイズですね。(事前リーク通り)4.7インチと5.5インチが出てきました。

これまでの4インチとの違いは、このページを見るとよくわかります。


ところで、片手で操作できるか?

この問いに対しては、今回から登場した『片手モード』が回答となるのでしょう。
こんな感じで使えるようです。

【動画】「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の片手モードのデモ映像

蛇足ですが、個人的には、iPhone6に買い換える予定です。
iPhone5を使っていて、バッテリーがえらい勢いで減って困っていますし、画面を少し大きくしたい&片手でさくさく使いたいので、4.7インチを選ぶ予定です。

4.7と5.5、どちらが人気になるのでしょうね?
個人的な予想としては、日本人には4.7が人気になると思います。
値段も、丁度1万円ずつ違いますしね。


バッテリー問題は、以下のようにサポートされているのですが、このタイミングで言われても…買い換え前提の人には面倒な作業でしょう。


Apple、「iPhone 5」のバッテリー交換プログラムを8月29日から開始


あえてこの時期まで待ったのか?と邪推してしまうくらいです。
あと半年早く言ってくれれば、バッテリーを替えたと思いますが。


iPhone6のカバーなど、周辺機器も変わり、経済圏が大きく動きます。
いやはや、Appleさんに振り回される日々です。

Apple Watch登場

Apple Watch登場

apple0224.jpg

ついに、出ましたね、Apple Watch。
“iWatch”だと思っていたのですが、こんな事情(憶測)もあってか、Apple Watchになったようです。

Apple WatchはなぜiWatchではなかったのか?

デザインとしては、概ね上々ですが、パブリシティも入っているでしょうから、メディアの言うことは別として、自分自身でしっくりくるかどうかを確かめるしかないでしょう。センスの問題ですしね。

「Apple Watchはバーバリー的」ファッションメディアの評価が続々到着

スクロールホイールが復活しましたね。

Apple、スクロールホイールを復活

個人的にはこれまでのスワイプなどが慣れているため、どうかな?と思ったりしますが、使ってみないとなんともいえません。案外、いいと思うかもしれません。

決済についてはNFCがおサイフケータイに対応しないとSuicaが使えないので、当面は対応待ちです。あらゆるシーンで対応できるならば、いちいちiPhoneを出さなくても使えるので良さそうなのですが。

ヘルスケアまわりのアプリは、使ってみたいです。

Apple Watchは「立つ時間」までモニターしてくれる


何かと賛否両論のガジェットになりましたが、まずは使ってみないとなんともいえませんので、来年の発売と同時に買って使ってみたいです。

2014年9月 9日

KCCS「デクワス.DSP」、adingo「Fluct」でのPC/スマートフォン向け広告配信を開始

KCCS「デクワス.DSP」、adingo「Fluct」でのPC/スマートフォン向け広告配信を開始

着実なる連携です。

ブレインパッド、「Rtoaster」の広告配信機能 とGoogleのDSPを接続

ブレインパッド、「Rtoaster」の広告配信機能 とGoogleのDSPを接続

 今回の連携によって、Rtoaster利用企業は、プライベートDMPに蓄積された豊富なデータをもとに作成されたきめ細やかなセグメントを、DoubleClick Bid Managerの管理画面から直接選択し、Rtoaster Adsで広告配信することが可能となる。

 作成したセグメントを使って、DoubleClick Bid Managerのインストリーム動画広告に対するリターゲティング配信も可能。自社サイトに訪問したことのあるターゲットユーザーが動画を閲覧する際に、そのユーザーの趣味や嗜好に応じてブランディングメッセージを盛り込んだ動画広告の配信が行える。

DMPをベースとしたオーディエンスデータを活用してDSPで配信する、という事例は今後も増加するでしょう。

使いこなせる会社が出てきて、費用対効果を高める成功事例が増えてきたら、普及は、あっという間かな、と思います。

マイクロアド、スマホメディアの収益向上機能を大幅に強化した最新鋭SSP 『MicroAd COMPASS』をリリース -次世代のスマホ広告マネジメント機能を搭載-

マイクロアド、スマホメディアの収益向上機能を大幅に強化した最新鋭SSP 『MicroAd COMPASS』をリリース -次世代のスマホ広告マネジメント機能を搭載-

スマートフォンにおいてはAdStirやFluctが伸びているようですが、マイクロアドさんも黙っていないぞ、という感じで攻勢に出てきた様子です。

既にnendを連結してリリースされているなど、気合いを感じますね。

注目です。

Google、スマホ向けサイトのリダイレクト推奨を 302 から 301 へ再び変更

Google、スマホ向けサイトのリダイレクト推奨を 302 から 301 へ再び変更

渋いですが、リダイレクトをビジネスで活用している方は覚えておきたい話です。

Twitter、「Buy」ボタンを実装していよいよコマース分野に本格参入

Twitter、「Buy」ボタンを実装していよいよコマース分野に本格参入

EC運営者にとっては、GoogleのPLAのようなチャネルに加えて、LIEN、Facebook、そしてtwitterも検討したほうが良い時代になってきましたね。

どんな成功事例が生まれていくのか、楽しみでなりません。

2014年9月 5日

ソネット・メディア・ネットワークスのDSP『Logicad』、配信対象ユーザーの指定をサポートする機能を提供開始

ソネット・メディア・ネットワークスのDSP『Logicad』、配信対象ユーザーの指定をサポートする機能を提供開始

なるほど、「リターゲティング設置URL集計」機能は興味深いアルゴリズムですね。

オーディエンスの精緻化・グルーピングによる最適化ばかりに目が行きがちですが、ページごとによる最適化も、理にかなっています。

こういうアルゴリズムを検証し、積み上げていくことに大きな価値があると思います。

2014年9月 4日

急成長するリターゲティング市場に関する最新調査

急成長するリターゲティング市場に関する最新調査

以下の内容は記憶に値します。
いや、実践に値しますね。

2012年の9月にローンチされたばかりにも関わらず、バイヤーの67%が現在FacebookのFBX エクスチェンジをリターゲティングに利用している点は、注目に値すると言える。一方、FBXのデビューの1年後に登場したTwitterのTailored Audiences エクスチェンジは、巻き返しを図ろうとしている。それでも、バイヤーの38%がTwitterのエクスチェンジを既に試したと明かしている。

リタゲが伸びているのは当たり前ですが、Facebookとtwitterを念頭に置いて進めているか、を改めて問いたいです。

スウォッチ、スマートウォッチへの「単独参入」を表明

スウォッチ、スマートウォッチへの「単独参入」を表明

本日夜にも、AppleからiWatchが発表されそうで、ワクワクしているわけですが、各社から出るスマートウォッチは新たなマーケティングデバイスとなるわけで、それもワクワクしてしまいますね。

リンクシェア・ジャパン、潜在顧客対象としたクリエイティブ性高い「プロスペクティング広告」を提供開始

リンクシェア・ジャパン、潜在顧客対象としたクリエイティブ性高い「プロスペクティング広告」を提供開始

どういう仕組み化か理解しきれていないのですが、複数のDSPを活用して、アフィリエイト配信ができる、ということでしょうか。

追って、知りたいものです。

マーベリックのDSP「Sphere(スフィア)」、ユナイテッド株式会社のSSP「AdStir」と接続開始

マーベリックのDSP「Sphere(スフィア)」、ユナイテッド株式会社のSSP「AdStir」と接続開始

着実に、ですね。

AppBank、ゲームアプリ開発会社/開発者向けのセミナー「ゲーム攻略のすべてを話します」を開催。攻略がゲームを変えるメカニズムに迫る

AppBank、ゲームアプリ開発会社/開発者向けのセミナー「ゲーム攻略のすべてを話します」を開催。攻略がゲームを変えるメカニズムに迫る

なるほど、な記事です。

20代の6割超がスマホで電子書籍を利用【楽天リサーチ調査】

20代の6割超がスマホで電子書籍を利用【楽天リサーチ調査】

概ね、想像の範囲の結果です。

電子書籍を読むユーザが、タブレットよりスマートフォンを選ぶのは、日本の特徴だといえるでしょう。

スマートフォン先進国といえるのか、タブレット後進国といえるのかは別として。

2014年9月 3日

ネット広告の種類全37種 課題別効果の出る手法一覧

ネット広告の種類全37種 課題別効果の出る手法一覧

わかりやすいですね。

ネット広告初心者向けに良い記事です。

ですが、上級者でも、全部の商品についてこたえられる人は少ないだろうな、と思います。
私も含めて。

2014年アドテク広告市場は2,258億円/2015年にはスマホ広告がPC広告を上回る見込み

2014年アドテク広告市場は2,258億円/2015年にはスマホ広告がPC広告を上回る見込み

まだまだ伸びる、ということですね。

計測方法も知りたいですね。
メディアさんへのヒアリングでしょうか。

SSP『AdStir(アドステア)』、3つのDSP『AdInte(アドインテ)』、『デクワス.DSP』、『Sphere(スフィア)』とRTB接続を開始

SSP『AdStir(アドステア)』、3つのDSP『AdInte(アドインテ)』、『デクワス.DSP』、『Sphere(スフィア)』とRTB接続を開始

好調のAdStirさんが、着々と勢力を拡大中。

昨今、スマートフォンSSPは、fluctとAdStirさんの2強時代となりましたが、それは、両社が地道な積み上げを怠らずにアクションしていった結果、だと感じます。

【CEDEC2014】『艦これ』開発運営費の9割以上はゲーム内課金!アクティブユーザー数、一番人気の課金アイテムは「母港拡張」

【CEDEC2014】『艦これ』開発運営費の9割以上はゲーム内課金!アクティブユーザー数、一番人気の課金アイテムは「母港拡張」

以下の内容はメモに値しますね。

会場では、2014年8月時点での開発運営費の比率も公開。ゲーム内課金が90%以上を閉めており、二次商品のロイヤリティなどは10%未満とのこと。ほぼゲーム内課金で成立していることがわかりました。


 いまや登録者数は220万人規模。MAU(1ヵ月に1回以上プレイしているアクティブユーザー)が40〜50%(100万人規模)で、DAU(1日あたりのアクティブユーザー数)はその半数にあたる50万人規模とのこと。

MAUが40〜50%!DAUも20〜25%くらいということです。
プッシュ機能がないPCゲームでは信じられない数字ですね。


以下の件も、なるほどなぁと思います。

 重要なのは、自立できるマネタイズ以外はKPIを追わないということ。「KPIをみながら、継続率や課金率を考える…というのは置いておいて、ユーザーが面白いと思うことを追ってみようじゃないか」と、岡宮氏は判断したという。

 岡宮氏はさらに、「KPIを追うゲームもそれはそれであり。でももっとゲームを面白い方向に特化したらどうなるのか、というのがこの『艦これ』のプロジェクトでした」と振り返っています。

【CEDEC 2014】世界を牽引する日本のゲームアプリ市場 売上は米国の2倍

【CEDEC 2014】世界を牽引する日本のゲームアプリ市場 売上は米国の2倍

アプリ市場についてよくまとまっています。

知っている方には目新しさはないかもしれませんが、改めて整理できて有意義ですね。

【MMD研究所調査】新iPhoneの購入意向は35.7%、興味があるサイズは5.5インチが40.7%に

【MMD研究所調査】新iPhoneの購入意向は35.7%、興味があるサイズは5.5インチが40.7%に

キャリア別に注目です。

iPhone6購入希望キャリアは、Softbank > au > ドコモとなっています。

567070295405865c7b6a00011.jpg

携帯キャリア利用者別に見ていくと、auユーザやSoftbankユーザは7割前後がキャリアを変えずに切り替える予定である一方、ドコモユーザは5割程度となっています。
ドコモiPhoneユーザには何か不満があるのでしょうか?


1999423108540586d26c2880011 (1).jpg


『興味があるサイズは「5.5インチ」が40.7%、「4.7インチ」が20.1%』というのは理解できます。

男女別だと、男性は5.5インチ派、女性は4.7インチ派が多いだろう、と想定します。

それにしても、まだ発表されていないのに、何インチがどうこうというくらい漏れているのは、ジョブズ時代では考えられないことですw

2014年9月 2日

appC cloud、休眠ユーザーにアプリを再度起動させるリコネクト広告を本日より提供開始

appC cloud、休眠ユーザーにアプリを再度起動させるリコネクト広告を本日より提供開始

LTV等の長期的な費用対効果増加が目的ならば、新規獲得ばかりではなく、従量促進や、休眠掘り起こしも、マーケティングの選択肢として重要だと思います。

Apple、アプリ却下理由のトップ10を公開

Apple、アプリ却下理由のトップ10を公開

これだけだと良くわかりませんが、それにしても、アップルの担当の方、よくここまでチェックされているな、と思います。

2014年9月 1日

Yahoo!検索、検索連動型広告枠に黄色い「広告」ラベルを表示するテストを実施

Yahoo!検索、検索連動型広告枠に黄色い「広告」ラベルを表示するテストを実施

効果は、落ちたのでしょうか、あまり変わらなかったのでしょうか。

comicoが500万ダウンロード突破

comicoが500万ダウンロード突破

DeNAさんのマンガボックスの後を追うように、伸びてますね。

Zucks、スマホ向けアドネットワークにてアプリ内広告配信SDKの提供を開始

Zucks、スマホ向けアドネットワークにてアプリ内広告配信SDKの提供を開始

モバイル関連事業を展開するZucksは、スマートフォン向けクリック課金型アドネットワーク「Zucks Ad Network」にて、アプリディベロッパーに対し、アプリ内広告配信SDKの提供を開始した。同ネットワークは、Zucks独自の配信ロジックによって各メディアに応じた収益性の高い広告を選択して自動配信する。そのため、アプリディベロッパーはSDKを導入するだけで、収益最大化を図ることができる。

アプリ内広告配信、がミソですね。

カウンタ

エントリー一覧表示


新着エントリー

月別

プロフィール


求人:新卒採用情報
PAGE TOP